スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
いいのかなー

ってずっと思ってます

理系の大学・大学院と出て外資コンサル
同期のほとんどが大手メーカの技術系に就職する中で…

んー

安定志向があるわけではないんだけど
技術系が嫌いだからコンサルにいくわけではなく
でもコンサルで3年も働いたらもう30近くなってしまい
技術系に戻ることなんておそらく出来なくって…
前を向きつつ後ろも振り返りつつ、だと今更ながら迷ってしまいます。。

ほとんど、と書きましたが
仲のいい人たちはIT系/外資系に行く人が結構多くって
高校も大学も大学院も同じだった友人は僕と同じ会社
なのでそゆもんなのかなーとも思いつつ…

んんんーーー


mixiの日記にも書いたけど、働くってなんなんだろう?

就活時、というか今もですが
"好きなことをやる"ことよりも"気の合う仲間と仕事する"のが楽しいと思ってます
なので外資コンサルなんていくことになっているのですが

でも本当は好きなことを1人でやり続けることの出来る
博士進学を決めている何人かの友達がうらやましく思えてたりします
彼らの心の強さが羨ましい

25になっても結局周りを気にしてしまった…
でも気になるからしょうがない、ってことで今のお仕事

それでも親しい友人や先輩が"向いてる"と言ってくれるのは嬉しいです
豚もおだてれば~ですかね

頑張るしかないとわかっていても、プチNEETなこの時期には色々考えてしまいます
もう少しだけ春休みを、と願う一方で
働いたらきっと楽しんでる自分がいるのかなーなんて思ってます

スポンサーサイト
2008.02.29(Fri) 17:18 | 未分類 | Trackback(0) Comment(1)
文明に反比例

僕が幹事となって
よく内定者を集めて飲み会をするのですが
もうとてつもなく面白い

よくぞまあここまで面白い人間を集めたものだって思います

彼らと同期になれた時点でこの会社に入った半分の目標は達成できた
残り半分は入社後のお楽しみにしておきます


-----------

でもやっぱり幹事やってると

「遅刻するかもー、当日連絡するね」
「おっけー」

(…当日連絡なくて飲み会後)
「連絡なかったけどなんかあったの?」
「すまん~次回は参加するから声かけてくれ

いや、なんすかその絵文字…
しかも理由もなく一方的に言いたいこと伝えるだけって
そんなことされた相手を二回も誘うと思ってるんだろーか

「調子悪いからいけないかもー」
「おっけー ××時くらいにまた連絡してーー」

「連絡ないけどどしたの?」
「ごめん、、調子悪くて寝てた、、、」

子供じゃないんだから連絡してから寝れ!!


----------

これがタイトル【文明に反比例】とどう繋がるかというと
手軽に連絡できる⇒『連絡しない=興味ない』って捉えるのが自然になってしまうこと

こう捉えるのは僕がひねくれてるからでは決してないハズ

まあでも彼らの気持ちもわからなくはないんだけどね
「いつでも連絡出来る」って思ってしまうと、後でいーや、、忘れた…
ってなるのは凄くわかる

でもやっぱり時と場合を選べよって思う

携帯があれば何でも出来ると思ってしまうから
携帯があるのに何もしない人が不自然でしょうがないように感じる

携帯がない時だったら飲み会を1回サボるくらいは
特に理由の如何を問わず許してしまうもんなんだろーか?

飲み会や集団での行動をするようになった時点、、
大学生になった時点で既に携帯全盛だったのでその辺の感覚はあまりないのだけど
実際どうなんだろうなぁ…

情報機器が発達する程にそゆことに神経質になってる気がする今日この頃

本当はいつでも連絡取れるから気軽に構える、ための携帯電話が
連絡取らない裏の意味を色々に想像させてしまって人間関係壊してる気がします
(僕が一方的に壊してるだけですが…


あ、また長くなってしまった。今日はこの辺で終わりです。


2008.02.28(Thu) 01:16 | 未分類 | Trackback(0) Comment(1)
ぐっと堪えて

微妙にタイトルを変えてみました
やっぱり理系院生な自分が好きなようです


------

先日学生証を持って事務にいき
『無事修了出来るか確認したいのですが…』
と聞いたらすぐに確認をしてもらえて
修了できることが公式に発表されましたとさw

ってか修士論文の評価が出た時点で留年か修了かわかるのだから
先生方もそれっくらい教えてくれてもいいじゃんか…


3月から再び実家に戻るので
このタイミングでブログのタイトルを変更

まさかまた実家に戻ることになろうとわ…
でも両親も喜んでくれてるみたいなのでよかったです
邪魔者扱いはされなそうです

引越しにあたって
それはもう色々な書類の処理があって…
家電を友達に譲るだとか、、なんかもうやること多すぎです

勉強にしろ研究にしろバイトにしろ
そういうので忙しい分にはむしろ僕は生き生きするタイプなのですが
いかんせんこういう事務手続き的なものは苦手です

そゆのが続くと怒りっぽくなります
ストレスが溜まるとは違うかなぁ…普段からイライラするわけではなくって
リミットが普段より下がるとうイメージです

そんなわけでここだけの話、修士論文中は機嫌が悪かったと思います
3年間いてようやく研究室の"研究"スタイルに慣れたけど、時既に遅し笑

勝手に『zen君はここまで出来て、、こっからは××さんがやって…』
とか線引きがされてしまい
夏までは自分の研究をやっててそれなりに楽しかったのですが
(コンサルじゃなくてメーカの研究職にすればよかった…と思うほどに
秋以降つまんなくなってしまいました

仕事ならともかく
研究で能力による線引きを、しかも勝てるわけない上の人間と比較されるとなー
結局0を1にするような、面白い部分は上の人がやってしまって
僕はその調整みたいのしか修士の後半は出来ませんでした

出来ません、というかやる気がさっぱりなくなってしまったので、やってないのですが…

教授的にはうまく仕事を割り振ったつもりなんだろーが
研究ってそんなもんなんだろーか…
と思いつつなんとかギリギリ修士論文を形にしました

ちなみに「途中で言えなかったの?」と疑問を誰しもが抱くと思いますが
上の人間がプログラムをせっかく作り終わったのに
結局同じ動作をするプログラムを新たに僕が作る意味は全くないし
ゴールはもっと先にあるので本当はそれを目指すべきだったと思います

ふぅ

内定先が外資ということもあって
実は学部卒の資格があれば既卒枠としてそのまま入れたっぽいので
(学部生は流石に高卒じゃ無理ですが
留年するくらいなら退学して働こうとしてましたが
そんなことにならなくてよかった/というかしなくてよかったです

個人的には学歴と給料が少し下がるだけだけど
研究室関係者に多大な迷惑をかけてしまうとこだったので…


って愚痴を書いてたらあっとゆーまに長くなってしまった


あ、研究室自体は楽しかったです
"経験"って言葉でまとめてしまえば、いい事も悪い事も一緒くたに出来て◎笑

サークル的な楽しさが大きかったけど
研究においても『トップレベルの研究者やその卵な先輩/同期/後輩』と
時間をともに出来たことはもちろん
大学生活に比べたら社会に出た後の方が長いので
その方向性を十分に知ることが出来たと思います

理系であることは
ふと数学の問題やパズルの問題を解いたり
ニュートンやネイチャーを見てにやにやしてみたりするに留めます


長々と失礼しました

2008.02.26(Tue) 23:04 | 未分類 | Trackback(0) Comment(0)
卒業できるっぽいです

久しぶりの更新です
旅行してたり修論の後片付けしてたら間があいちゃいました

今日成績証明書印刷したら
無事に講義×単位/修論×単位はあったっぽい
英文だから自信ないけど… 苦笑

大学院というよりは
学生生活というよりは

"理系"からの卒業って感じかかなぁ…

まさか自分がコンサルになるなんて
大学院1年の冬まで全く考えてなかったのに
気がつけばコンサルタントの卵

論理性が理系だから云々…とかゆってるけど
結局やってることは理系とは直接は関係ないからね
これで理系というものから離れてしまうというのは何かせつない

3年間研究室でお世話になった博士課程の先輩に
今日たまたま会えたので、学生生活の最後ということで握手をした
力強く握ってくれて涙がほろりです


今の研究室に入ってなかったら
きっと中学の頃から思っていたエンジニアになっているかと思いますが
結局コンサルとかに転職していたような気もします

研究室は決して100点ではなかったけど(そもそも人生において満点とかありえない
いい経験をさせてもらえたと思います

修論は最後失速してしまって結局卒論に毛が生えたくらいになったので
65/100ってくらいかなぁ…色々あって…
…この部分がコンサルになるキッカケともいえるけど
それはここで書くにはちょっと重いので略


でも研究室の雰囲気自体は凄くよくなったと思います
3年間いたけど、3年目の今年が一番よいと自信を持って言えます
(今までが悪いという意味ではなくて単に比較の問題

そういう雰囲気を作り出せたことに関しては95/100くらいあげていいかも
勿論自分1人の力では決してないのだけど
キッカケくらいにはなれたかなー??なんて思ったり
4月以降もいい雰囲気の研究室であってくれたら嬉しいです


そんなわけで
次回更新時にはブログのタイトルが変わってるかと思います
もう理系大学院生ではないので

どういうタイトルにしようかなぁ…
外資/コンサル/ITとかいう言葉を使わずに
今の自分にあったタイトルにしようかと考えてるとこですw


では今日はこの辺で
2008.02.23(Sat) 00:49 | 未分類 | Trackback(0) Comment(1)
マグロ!!!

昨日は博士課程卒業後海外にいってしまう先輩の歓送会
&修論/卒論のお疲れさま会とゆー飲み会でした

ってあ、先輩も博論お疲れさまになるんだった…まいっかw

B4M1M2(僕ら)OB1年…とパッと見で4世代が大体集まってて
それに加えてOB2年や博士の先輩も来てくれて
なんかとっても楽しかったですw

これに研究員の方や教授が加わらないのがなんかうちの研究室っぽいけど
僕がB4・M1の頃はこゆのサッパリない研究室だったから
徐々に、って感じですかね

でもよーやくまとまってきた感があるので
なんか卒業するの勿体ないなぁ…笑

ま、かわいい後輩達がOB名簿とか作って定期的に飲み会してくれるはずー
OB1年目の先輩がM1の後輩に対して
「××君はこの1年でzen君の影響受けて変わった!」
と頑なにゆってたのが面白かったです

影響を受けたかはともかく、1年のほとんどを一緒に過ごしてたので
(週2で泊まりで遊んでましたし…
他から見て初めてわかるものがあるのかもですね

ちなみにイタリア料理屋さんの2階を貸しきって20人くらいでやってました
ランチでしかいったことないけどよかったなぁ
店員さんの雰囲気もよかったし、料理がことごとくおいしかったしね

その後は研究室に戻ってきて
朝7時まで麻雀をしてそのままソファで寝て、今日は早めの帰宅
やることは修論の文章を直すってくらいだから
なんかずっとドラクエ4やってました笑


んーなんかとりとめのない文章になっちゃった
書きたいこといっぱいあると、どーしても箇条書きみたいになっちゃいますね
手で書くよりもキーボードの方が全然早いから
思うがままに文章を書いてしまう


今週は健康診断受診/パスポート申請が最低目標です

いよいよ入社が近づいてきてしまいました
パスポートは、研修が海外だから入社時に必須なんだと思います


あ、タイトルのマグロ
自分へのご褒美に1000円⇒半額の本マグロを買ったのでした
もうとろけるね
やぱりマグロは解凍じゃなくて生に限ります

…勢いにのって1000円⇒半額の××牛ってのも買ってしまいました
(名前わすれた。。

これは明日食べようかと思いますwww


健康診断前に何をやってるんだか。。。


2008.02.12(Tue) 21:57 | 未分類 | Trackback(0) Comment(2)
麦茶が$(%)EJEOQ)"$=

あの麦茶、、いつ作ったんだろう…
そもそも今年になって麦茶を数回も飲んだ記憶はない…

それっくらい放っておくと
流石に冷蔵庫とはいえ大変なことになるみたいです
これは余裕のあるときに他のものもチェックしなきゃまずい


木曜日の昼に最終諮問を終え
さっき…1時半くらいまで研究室に泊り込みで遊んでました
解き放たれた!って感じのよい打ち上げでしたw

本格的なのは一応11日にやるけど
やっぱり泊まり込みで睡魔と闘いながら遊んで
限界に達したらスイッチの切れた順にソファに寝るという
なんかこゆのって研究室ならではな気がする

友達の家で徹夜するのとはわけが違うんだよな~
昼まで寝てたら先生がたまに来るし
こう、小学校のときに隠れてお菓子を食べるような?
ちょっとした悪さをしてるような気分になれるのがすばらしいww


わけあって春休みをゆっくり過ごしてる場合じゃなくなったのですが
残り少ないこの学生生活
2月いっぱいは満喫したいなぁ…

2008.02.09(Sat) 03:59 | 未分類 | Trackback(0) Comment(0)
緊張したら


息を吐くのがいい
って中学のときの先生がゆってました

「あー緊張してるなー」と感じたとき

そこで深呼吸をするのは、まあ誰もがするのだろうけど
息を吸ってはダメ 吐いてから吸うのがいいらしい

息を吸うと緊張が更に高まってしまうけど
吐くことでいろんなものを吐き出すとかなんとか…

科学的な根拠があるわけではないけど
なんとなーく、息を吐いた方がしっくりくる


そんなわけで発表当日

なんと朝一・10時から発表です
普段なら確実に寝てる時間に発表とか…

おまけに
卒論最終諮問/修論中間諮問/修論最終諮問
全部同じ先生…学部のときからの顔見知りだからあまり緊張感がなかったり
大学院入試の口頭試問にもいたしなぁ、、

やさしい顔して厳しいことばっかり言ってくる先生ではあるけど
まあ勝手知ったる先生なので15分の質疑はすぐだと思います


ではでは、発表頑張ってきます
2008.02.07(Thu) 06:53 | 研究室 | Trackback(0) Comment(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。