スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
お久しぶりです

Ads by Google

出ちゃったよ。まさか自分のブログで出ちゃうとわ。

相変わらずmixiとの使い分けが曖昧で
こっちはすっかり放置してしまっていました。

はてさてつい先日、会社での1年間の評価を受けてきました
アメリカだかなんだかに合わせて9月が年度始まるので
ちょうどその前後に評価を受けます(=お給料が決まる)

結果は、可もなく不可もなく…
同じクラスの人間の中でいったらちょうど真ん中くらい
昇給なし(修士手当てが減る分、手取りはマイナス)

評価方法については割愛するけど
なんだかんだで評価はそれなりだと思っていたので
ちょっとショック
大まかに4段階ある評価のうちで『3』でした

早くも同期のお給料に差が出だしました… んー シビアだ
『1』をとった友人と比較すると、、んー 意外と大きいんじゃね?

頑張ったところで評価されないならば、じゃあ頑張る意味って?と思ってしまう

大学受験なんてかれころ10年近く前のことだけれども
あれほど公正な評価を受けることなんて今後の人生でないんだろーなー
と思うとなんだか残念
別に勉強出来たらどうとかいう意味じゃなくて
アレだけの人数の中で順位付けって実は相当凄かったんだなぁ…なんて

外資系は能力主義だとかいうけど、なんだかんだでコネなんだよなー
「どういうプロジェクトにいるか」
「どんなマネージャーの下で働くか」

うちの会社じゃない別の会社の偉い人が最終面接で
「能力の高い人よりも、労働時間が長い人の方が給料もらうべきだ」
ってゆってたのが今更ながら思い出されます

ま、だからそっちの会社いっとけばよかったなんて思っていなくって
今の会社で低空飛行を続けていこうかと思います

ちなみに4段階外の、いわゆる「クビ」という評価を取った同期もいます。。
うちの会社こゆとこ外資なんだよな…こわいこわい


スポンサーサイト
2009.09.14(Mon) 21:35 | 未分類 | Trackback(0) Comment(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。