スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
寝るぞーーー!!!、、、と思いきや

昨日朝5時まで起きていたためか
若干リズムが狂ってます

直す!

と意気込んで11時半くらいには寝たはずなのに
2時半くらいに目が覚めるという始末
別にトイレでもなく、なんだか妙に頭がスッキリしてます
普段は7時間寝てもあんまり寝た気がしないのに 笑

…ってか俺なんか悪いことしましたか?驚くほど眠れない
そんなこんなで今日も~瞑想タイム~


-------------------

今考えてることは『メール』


あれって便利な反面色々恐ろしいです

電話嫌いな僕はもっぱら連絡はメールなのですが
1回返信がなかっただけで相手に結構な不信感を覚えてしまうし
(慣れると「あ、この人メール嫌いなんだな」と思えるけど)
疲れていたりとかで
割とぶっきらぼうに返してしまっても
機嫌が悪いかのようにうつってしまいます。。。。

まあ僕らみたいに割と使い出しが大学生になってから、だとかであれば
別にメールの1件2件で一喜一憂したりしないのですが
小中学生にはなんか難しくない???とか思ったり
実際ネットでのやりとりを通じてのトラブルとかって
想像以上に子供に多い気がします

と、話がそれてしまいました

まあでも便利ですよねー
急用でない限りは送信も受信もお互いの都合のいい時間でよいし
変な拘束時間とかがない
メール打ちながら他のことだって出来るし
これに慣れると電話って中々エネルギーが必要になっちゃいます
勿論しゃべる、ってことにもパワーを使うし
エネルギーというか『時間』×αを消費してしまっているような
不思議な感覚
相手の表情が見えないだけに
話しているときも変に気を使うし、意外と話がまとまらないし 笑

後は他社の携帯同士では絵文字が使えなくて…
なかなかふざけた感じを出すのが難しいってのも面白い
語尾に(笑)がつきまくっている人とか
なんだか頑張ってる感じで◎

ルールが厳しい程、なんか「おっ!?」というのを使いたくなり
僕はドコモユーザなのですが
他社の人とやりとりするためにPCで使うような顔文字を
携帯にメールで送信して定型文に入力…
この我ながら涙ぐましい努力が、個人的には好きです 笑

やっぱりね、メールの方がルールが厳しいから燃えるんです
最近の携帯は長文でも遅れるのだけど
長文送るくらいならやっぱり電話か会って話すべきだと思うので
長くても200文字くらいには言いたいことを伝えたいトコです

僕が今まさに書いてるブログのように
思考の垂れ流し、、、どっちかってゆーと話し言葉に近い感じでは
まったく相手は読みづらいのであって
結構練りに練った文章を送ってしまうものじゃないですか?

いい表現だとかを思いついたときの爽快感
それが全く伝わらなかったときのガッカリ感
…たまりませんw

それに手紙にあるような『個性』というものがサッパリないので
ますます文章に凝るような気がします
現代人の方が文章を書くという意味での『国語』は強いんじゃない?
なんて思ってしまうほど

自分の言いたいことがサッパリまとまらずに
こんな長文を書いてしまう僕にはあまり国語力がないかもですが
まあ短時間にこれだけの量を書けてしまうのも
ある意味で国語力、ということにしてくださいな 笑


おおおおお、また話がそれてる気が
まいっか

他にメールの利点といえば
Cc:で一度に色々な人に送れる(予定あわせるのが楽
写真を送ることが出来る
の2つも大きいと思います

特に前者
メールがなかった頃はどやって飲み会の面子集めるんだ?
とか思ってしまいます
割と幹事が多い僕ですが、きっとメールがなかったら幹事やりません 笑
電話代かかりまくりそうなので
その分が飲み代から引かれる、とかいうのがあったり?
ちょっと興味深々です


ブログになくてSNSにあるものの代表格なメッセージ機能
これがあればブログ仲間とももっと仲良くなれるかも?
でもブログの距離感
(…mixiとかより遠いけど、意外と深い繋がりになるのはブログな気がします
これも好きなのでまいっか?という感じですがw

スポンサーサイト
2006.05.30(Tue) 03:26 | 未分類 | Trackback(0) Comment(4)

 
# コメントになっていないかもしれませんが・・・

私の場合、電話だと、相手が色々用事があるところをワザワザdisturbするような気がするため仕事上の連絡は専らメールですね。

けど、電話だと相手の言葉+@(口には出さない何か)が伝わるので大事な用件はやはり電話するようにしています。親しい相手も電話しているかも。本当は実際に会うと顔色も読めるし、一番だと思うのですが。

メールの返事が来ない・・・これはblogのコメント返しに通じるものがあるかも。コメントを放置されるとかなり寂しいものがありますね。コメントは必ず返すものと決められているわけではないのですが。私が非常識で返しようの無いコメントを書いているせいもあるかも知れません。

凝縮した文章の代表としては「電報」だと思うのですが、もう廃れてしまっています。電報は、携帯のメールにも通じるものがあるかもしれません。携帯のキータッチ余り早いほうではないので、短い文章で済ませるようにエッセンスを詰め込んでしまう。これって俳句とか短歌にも通じるところがあるのではないかと・・・。(ないか・・・(苦笑))でも、そういう文章ほど、その人の文章に対するセンスは、あらわれるのかもしれませんね。
2006.05.30 (Tue) 09:22 | URL | excimer [ 編集 ]
 
すごい!zenさんのこの長い文章がさらりと書けている(?)のが。私は手紙は得意なんですが、ブログになるとなかなか進まない。。。手紙と違っていろんな人が見ると思ってかくからかなぁ~うらやましいっすヽ(`▽´)/
私ももっぱらメールですが、もめたことありますよ。とくに異性。軽ーくこっちは書いたつもりが相手には悪い印象になったりね(^_^;)なんでそうとっちゃうのよ~みたいなね。すごくうざいwwいい点悪い点あるけど中学位からポケベル→PHS→携帯をもっていると絶対に手放せません。
2006.05.31 (Wed) 12:04 | URL | ひさぽん [ 編集 ]
 
私も電話って嫌いでした(^^;)
なんだか、上手く言いたい事を伝えられないんですよね。話がまとまらないと言うか。
だから、メールが普及した現在はある意味とても楽です。
でも、それも、相手がずっと長い付き合いだからメールでもOKなのであって、まだ文章力も乏しい小学生同士だと、どうなのでしょうね。
私が小学生の頃は、直接会って遊んでいたし、会話もしていたので、メールのように『後に残る』事もなかったしなぁ。。。。
一瞬が勝負!みたいな感じ?
2006.06.01 (Thu) 18:07 | URL | こりら [ 編集 ]
 
みなさんのコメントも長文ですね 

どうもありがとです◎

>eximerさん
僕も電話だと相手の都合を考慮できないので
教授や研究員の方とのやりとりは専らメールですね
友達関係では親しさというよりは用件によって
メールか電話かを使い分けます
ただ待ち合わせは絶対に電話ですが…
ブログのコメントですが
僕も結構自分のコメントへのレスが気になってしまいます
これはブロガーならしょうがないのではないでしょうか
コメントのやりとりが楽しくてのブログなので…
携帯メールは俳句とまではいきませんが 笑
単純だからこそ、な利点がある気がします
十分個性も出ますしねww

>ひさぽんさん
大学のレポートを書きまくった賜物でしょうか?
直前になって一気に課題を…とかやってたら
なんだか文章書くの得意になっちゃいました 笑
メールでもめた経験はないのですが
確かにもめてしまうのも無理ないかもしれません
感情抜きに言葉だけ伝えると
特に悪い表現が増幅されてしまう気がします
難しいですよね~

>こりらさん
電話だと人によって自分の話したいこと伝えられなくないですか?
いつ相手の話を切って自分の話にするか…
顔を合わせてないので難しいです。。。
最近はメールから仲良く、ってのもありですけど
それは僕ら大人がやりとりからであって
コミュニケーション能力の発達途上の子供には
少々ハイレベルな気がしますね
子供に携帯を持たせない親の気持ちが若干わかります…
2006.06.02 (Fri) 02:03 | URL | zen [ 編集 ]

 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。