スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
流れ

朝を家でダラダラ過ごすと嫌でも耳に入ってくる
民主党の代表云々、政権云々…
http://www.dpj.or.jp/

なんなんだろう?
ここまで闘争心むきだしな政党だったっけ?
二言目にはすぐ「政権を…!!」

もうね、彼らには是非とも読んで欲しい本がある
将棋の羽生善治さんが書いてる『決断力』という本

何度読んでも面白いw

やっぱり羽生さんやホリエモンや…時代を象徴する人達は
『流れ』が見えていると思う

政権交代かどうかを判断するのは僕らであるのに
民主党は自分で無理矢理流れを作ろうとして溺れてしまった

『果報は寝て待て』
とまでは言わないけれども、ドタバタした選挙をしてしまった民主党は
まだまだ国民の目には頼りなく映ったと思う
次の選挙をじっくりと腰を据えて待てば違った結果になったかもしれないのに

それが結果として自民の圧勝という形になって明確に出てしまった
個人的には自民よりだから勝ったのは喜ばしいのだが
ここまでハッキリ差が出るとなぁ…^^;


話を戻して『流れ』について
…やっぱり流れってあると思うんだよね
なんだかんだいって認めざるを得ない
それを無視してしまっては、うまくいくものもうまくいかない

では、その流れを逃さないためにはどうすればいいのか?

個人的には『波が来たらとりあえず乗る』ことが重要に感じる
次の波は『波に乗った状態で』待つのが理想
そうすることで、波にうまく乗れなくても次にすぐ切り替えられる

逆に「次こそは…」と波をじっくり見てると結局波に乗れない
それがこの20余年で学んだ1番大きいことかな


待ってるだけでは何も起こらない

波に乗ろうとすれば、たとえ失敗しても何か変化が起きる

経験値は大小であってマイナスには決してならないのだ






スポンサーサイト
2005.09.19(Mon) 21:07 | 未分類 | Trackback(0) Comment(0)


 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。