スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
ミーティング②

洒落にならん…

来週の頭に
僕VS教授×3というバトルがなされるらしい。。。

正確には教授×3のバトルの漬物くらいの扱いで僕?
あーでも僕の修士論文の研究だし…

にしても教授×3て…

『zen君。重要なことが書いてあるので、早めに目を通してください』
とメールで論文(勿論英語)を渡されたのが、、月曜夜?
んで1週間後にミーティングです

普通大学・大学院生が論文というのはジャーナルのことで
裏表で3枚程の学会誌の記事を指すのですが
僕が渡されたのはガチンコの研究論文
裏表にびっしり英語で、、20枚以上あるんです
しかも図がほとんどない上に1㌻に2カラムという分量です

あ り え な い か ら(( ;゚д゚))

大学受験で相当に鍛えたので
英語、特にリーディングはかなり得意な部類に入ると思っていたのですが
流石に無理です
もはや拒否反応が出そうです

水曜日は用事があったため
実質火曜日と木曜日であわせて10時間弱?
そもそも日本語で書いてても難しいような論文なので
一向に進みません…
1日5時間くらいが英語の限界です。。。
火曜日なんて3時間ぶっとおしで論文読んだ後に30分、死んだように寝てました…^^;
もちろん今日も2時間読んで寝て、また2時間読んで…

まーでも高校時代にアホみたいに英語勉強していてホントよかったと思うのは
研究の論文ってすごくわかりやすい文法とかで書かれているので
大学受験程度の単語力があれば基本的に専門用語を少し調べればOK
関連するジャーナルは既に5本くらい読んだので
調べた単語もあの膨大な量に比べればかなり少ない方かも(20個くらい)

スポンサーサイト
2007.05.11(Fri) 01:05 | 研究室 | Trackback(0) Comment(0)


 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。