スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
立場



藤野真紀子衆院議員が衆院本会議を欠席


…この人は自分の置かれている状況がわかっているのだろうか?
仕事の上での男女平等は現実ではなくて、あくまで理想であるこのご時世
まだ少ない女性が活躍することで理想が現実に近づくかもしれない


だから現在一線で働いている女性は男性よりも必要以上に注目される
多くの女性にとってそうだと思うし、僕もそう思っている
『女性だから…』
というのは今更おかしいのかもしれないけど
選挙時のマスコミの騒ぎ方からも、色々な意味で注目されているのはわかるハズ


そんな中で、まさか衆議院本会議を欠席するとは…
こんなことされると『やっぱり女性なんて…』と考える人がいても責められない


こういうものは、割合によるものが大きいので
そもそも『男性議員』だなんて言いかたは滅多に聞かない
男の議員が悪さをしても『政治家はダメだな…』くらいにしかならないのだが
…確かに理不尽ではあるけど、こればっかりは仕方ないと思う


政策の中には僕らの生活に関わることが多いので(年金・教育・税金etc...
本当はむしろ女性議員が積極的に決めた方がいいと思うだけに
基本的には彼女らを応援したいのだけど
トークショーだとかにに出られると流石に…ねぇ?( ´Д⊂ヽ



スポンサーサイト
2005.10.12(Wed) 07:53 | 未分類 | Trackback(0) Comment(2)

 
同感です。。。もともと自分で仕事をしていたのはわかりますが、仮にも『国会議員』に選ばれたわけですからねぇ。国民の代表という立場、理解して欲しいです。
所詮は『祭り上げられただけ』ってことになってしまわないように・・・
2005.10.12 (Wed) 22:17 | URL | こりら [ 編集 ]
 
ですよね~
なんだかこのままでは動物園のパンダで終わってしまう気が
せっかくなのだから存在感をアピールしてもいいと思います
女性の代表として国政に参加しているのだから
2005.10.14 (Fri) 23:41 | URL | zen [ 編集 ]

 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。