スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
ゴッド・ハンド

基本的に研究ってのは自分のペースでやって
卒業するまでに1つの形になれば…ってスタンスなので
僕はかなりやる気の波が激しいのですが

最近やたらと教授が
「なぜバグが取れないんですか?」
「いつまでに出来るんですか??」
とせっついてくるので実は1週間くらい前に投了しました
我らが研究室のツインタワーの一角である、某O氏に願い事
(ちなみにO氏もせっつかれていたらしいです)

「時間があるときに少しプログラムを見てもらえませんか?」

…変数とループがやたらと出てくる、書いた本人でギリギリ理解出来るプログラム
(Fortranって簡単すぎて不便…
結局2人がかりで見直していたところ
バグというかアルゴリズム自体にミスがあることに気がついたので
新しい手法を夜中に2人で話しながら実装方針を決めて、、

今朝方ついに完成した、というメールを頂きました。
「あなたが神か!」という感じ

この3週間微妙に研究が止まっていたので、これから頑張らないとー
ありがとうございましたw
スポンサーサイト
2007.10.20(Sat) 15:36 | 研究室 | Trackback(0) Comment(2)

 俺も俺も
昨日先生(2番目のほうね)に呼び出されて、「うわー、怒られる」と思ってたら

「こんな感じでつくろうかね?」

って、何事かと思ったらすでに自分がやろうとしてたことの実装のフレームワークを作ってたらしい。
しかもその後「これからそれで遊べる時間はどれくらいあるかなぁ…?」だってさ。
俺の修論は遊びレベルらしい。
2007.10.21 (Sun) 02:11 | URL | やまぐち [ 編集 ]
 
2番目 笑
俺の研究は気がついたら某大医学部と共同研究になってた…
遊びレベルではなくて、遊び心満載って意味でしょ?
そゆのが研究っぽくてよいなぁw
2007.10.21 (Sun) 03:02 | URL | zen [ 編集 ]

 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。