スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
考え方



選手兼監督


響きはかっこいいけど、僕らの想像以上に難しいと思う
頑張って欲しいです
ちなみに選手兼監督といえば、僕が想像するのは翔陽高校の藤真だけど 笑


そんな古田選手が昔テレビ番組で言っていたこと
それが『記憶と記録の違い』だったと思う


簡単に言ってしまえば
・記録は客観的に物事を記したデータ
・記憶は個人の主観にをもとに整理された上で脳に書き込まれる


この主観が個人によって大きく異なっているため
記憶と記録が全く違う物になることがある、という話だった


主観…平たくいえば『考え方』
これ次第で周りの出来事全てがよくも悪くも変わっていく
少なくとも物理学におけるような絶対座標などは、人の生き方に当てはまらない


例えばジョッキ1杯のビール
乾杯をした後に
「もう半分しか残っていない」と考えるか
「まだ半分も残っている」と考えてしまうか


試験まで後三日『も』あるのか、三日『しか』ないのか…


これらの捉え方によって、直後の行動が大きく変わる


追い込まれるまでやらないO型こと
超楽観主義な僕はどうしても『~も』あるじゃん!!
と捉えてしまう
…ダメダメじゃんか


こんなんで来週の月曜日の研究発表の資料を作れるものか。。。
そもそも土日にサッカーの試合が入るという緊急事態
やる場所がどっちも東大のグラウンドってのが不幸中の幸い


まーでも、人の考え方ってそうは変わりませんね
なんとかなる!って方向でこの激忙しい時期を乗り切って行きましょー!


ってあれ?途中までいい話を書くつもりだったのに… 笑





スポンサーサイト
2005.10.19(Wed) 01:18 | 未分類 | Trackback(0) Comment(0)


 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。