スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
楽しむ

苦手な人が会社にいて
僕がこれまでの人生常に85%の適当さで生きてきているのに対して
その人は、まああくまで仕事上なのだろうけどキッチリさを求めてきます

もちろん、その先輩は別に間違っていることはいってなくて正論なわけです

「このメールじゃ全然伝わらない」
「そういうことが聞きたいんじゃなくて結局×××…?」
「は?なんでやらないの??」

そんなやりとりばっか。
話し方がぶっきらぼうすぎて相当怖いです。

でも周りが僕に対して結構甘くしてくれてるので
そゆこといってくれる先輩は実はありがたかったりします

…でもやっぱり苦手です笑

今のプロジェクトからリリースされる日が最近わかって
思ってた以上に短かったからあの先輩となんとかやりとり出来るようになりたい

苦手だー
話したくないー
で終わってしまってはせっかくの機会が無駄になってしまうので
徐々に攻略するのを楽しみつつ仕事をこなしたいと思います


あ、仕事ですが全然順調です

まだ1ヶ月たってないんですが
2年目3年目の人とかより重い作業任されてたりします
基本的にサボり癖があるので新卒なりの作業で楽したいとも思いつつ
年次に関係なく仕事を割り振ってくれるのも外資ならではかなーと思いつつ
それなりに頑張ってます

ちなみに『それなりに』なんて上記の先輩にゆったら殺されます笑

初対面の飲み会では相当面白い人だったし…
んー、いまいち力の抜きどころがわからなくって難しいです
それが掴めたら絶対に面白い人なんだけど
チームが微妙に違って2日に1回くらい進捗を話すくらいなんだよね
難しいもんです

抜きどころがわからないというか
まだ社会人としての自覚が足りないせいか抜いちゃいけないとこで抜いて
意味不明なとこで力が入ってる、というのが近いかも

というか始まったばっかだししょうがなくね?とも思うけど
お給料もらってる以上はそんなの言い訳だよね

スポンサーサイト
2008.06.08(Sun) 01:18 | 未分類 | Trackback(0) Comment(0)


 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。