スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
あっとゆーま

一週間ってホントあっとゆーま

20代も残り少なくなってきたのでスパートをかけないと…と思いつつ
最近金曜日に会社の人と飲み会して帰ってくるので
いまいち土曜日に動く気がおきない。。
(疲れてるのではなく、しゃべりつくしたって満足感がある

でも夕方眼科だけはいかないと、コンタクトがなくなっちゃった


で、オリンピックのフィギュアやっぱり納得いかない…

4回転やトリプルアクセルって飛べる人って世界に数えるくらいしかいないのに
なんで評価が低いの?
綺麗に3回転だったり振り付けだったりのが重視されるって(=完成度)
音楽やバレエの世界だったらもちろんそうなのだけど
仮にもスポーツってなら、やっぱおかしいような気がしてしまいます

某掲示板の例え話で
「縄跳びで4重飛びが出来る人は早々いないが、3重飛は…」
ってありました。なるほど。という感じ ※文末にこぴぺをば

この辺は社会での評価と、大学での評価に似ているなーなんて思います

大学では難度が高い研究をやって
ほんの少し光が差すような成果が出たら、それはもう研究としては大成功だし
周りからの評価も「そんなことまで出来るとは!」ってなるけど

社会人的には評価の軸はやっぱり違っていて
全く新しいものを発見するよりは、後一歩で世に出せるってのを完成させる方が
すぐに評価に繋がったりするような気がしています

どっちがいい、というのは考え方次第なのだけど
やっぱり仮にもスポーツを名乗るならもう少し加点を考えてもいいような、、
って感じです


あと深いと思ったのがカーリング

たぶん代表選手になるくらいの人達であれば
ハウス(まるの中)に石を止めるとかは朝飯前であって
そういう集団の中で作戦だったりが練られていて
でも決め手はやっぱり勝負強さ

ここがスポーツ!って感じがして人気があるのだと思います
ただ、やったことがなさすぎて難易度がわからないのが後一歩かも

野球・サッカーとかはやったことがあった上でプロの試合を見ているから
流石プロ!!!ってなるのだけれど

カーリングっていとも簡単にやっていて
特に各国選手でパワーだったりスピードだったり違わないし…
実況騒ぎすぎだろwwって正直思ってしまったりもします


そんなこんなで、オリンピックもボチボチ終わりなのでしょーか
ちっちゃい頃強かったジャンプやノルディック複合のイメージが強すぎて
なんか日本は今回あんまり印象に残ったのないかな…
フィギュアも世界大会やりすぎで、あんまり興味がもてなかった…


日本以外だと、男子モーグルがすごかった
後NHKの頑張りもすごかった↓w

http://www9r.nhk.or.jp/olympic3/r/viewer_normal.html?c=FRM020_Z241


※以下こぴぺ



4回転と言っても、皆さんにはその凄さが実感として湧かないですよね。
なのでプルシェンコさんが、3回転を綺麗にまとめた人に「負けて当然」と思う人もいるのではないでしょうか?
プルさんが訴えたかったことはどういうことなのか、縄跳びで考えるとよく分かりますよ。

皆さん、2重跳びは出来る人結構いますよね?
でも3重跳びになると、出来る人は少なくなります。
そうですよね。フィギュアで戦ってる選手は大体この3重跳びで競ってるんです。
でも4重跳びとなったらどうでしょう?
もう、身の回りにできる人なんかほぼいませんよね。
4重跳びをできる人と、3重跳びを何回も跳べる人と、どちらが見つけるの大変ですか?
4重跳びですよね。そうなんです。
3重跳びを綺麗に何回も跳べる人は、少ないけども探せばいくらでもいる。
でも、4重跳びは殆どいませんし、4重跳びができる人は3重跳びもできます。

ところが今のスケート界では、「音が爽やかな3重跳び」とか「着地が余裕で綺麗な3重跳び」に
高い加点を与えて、着地の乱れる4重跳びの点数を超えさせたりするんです。

しかも皆さん、よく考えて下さい。
「2重跳び-3重跳び」の連続技と「4重跳び-3重跳び」の連続技の「3重跳び」の価値は同じですか?
四重跳びって、全神経を集中させて思いっきり跳びあがって
なんとか4回、縄を着地までに通過させるんです。
やっとの思いで成功させて、高いところから着地したその瞬間に、また3重跳びなんか、できますか?
プルさんがやってるのを「4回転」と言いますが、彼がやってるのは「4回転ー3回転」です。
まるで3回転をおまけでつけたように言ってますが、その難しさ・成功率は、
2回転や3回転の後に3回転を跳ぶのとは数十倍違います。

ところがこれもフィギュアでは、「3重跳びを何にくっつけても、単発でも同じ点数」なのです。
それなら誰だって、単発や、連続にするにしても元々構成に入ってる簡単な
「2重跳び」「3重跳び」につけて、「2-3」か「3-3」で跳びますよね。まず失敗しませんもの。
こんなバカげた話しありませんよね?それがあるのがフィギュアで、だからプルさんは怒ってるのです

スポンサーサイト
2010.02.27(Sat) 15:21 | 未分類 | Trackback(0) Comment(0)


 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。