スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
誕生





最近適当な話、自分の話ばっかだったので
たまにはマジメに…





--------------


アメリカでは進化論が中々認められないらしい
そんな新聞記事を見つけた


IDって聞いたことありますか?
僕は聞いたことありません
反進化論を唱える人は「神」という表現を使わないそうです
確かにその単語を使うと宗教的なイメージがつきまとってしまう
やはり反論にもそれなりの主張が必要なわけで…


そこでIntelligent Designという概念がでてくる(ID)
「生物の進化(誕生)はなんらかの知的設計者によってなされる」
という考え方


うん、ちょっと納得してしまうかもしれない
少なくとも「神」という表現がない分、理系の僕も受け入れやすい
表現が変わっただけなのだけどね


そもそも進化論も完全ではなくて
例えば生命の誕生については言及されていない
始まりが「バクテリア」とかの微生物で、そっから…最後に人間になる
でもその始まりについてはあまり聞いたことがない


反進化論者の言い分は
「完全ではない進化論を、正しいものとして教えるのはいかがなものか」
ということなのだそうだ
…もっともだ


アメリカにはそのIDを研究するシンクタンクまであるそうで。。。。。




ちなみに進化に必要なのは『不完全さ』
進化論といえば自然淘汰(natural selection)なのだけど
その元になっているのは『不完全さ』


そもそも卵が完全な膜に覆われていたら受精は起こらないし
DNAの完全なコピーが行われていたら
そもそも進化など起こらずにずっと微生物のまま


そんな話を聞いたことがある


んー
生物の起源って難しいこと
宇宙の起源だって同じように難しいことなんだけど
謎のままだからいいんだよ、きっと






クリスマスという名の遠心分離機にかけられて真っ先に沈殿しつつ
炬燵でぬくぬくしながら生物の起源を思う…






スポンサーサイト
2005.12.14(Wed) 22:31 | 未分類 | Trackback(0) Comment(0)


 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。